さらば「KUOTA KHARMA な日々」

2010年にKUOTA KHARMAを購入。2011年よりKUOTA RIDERSと、何故か苦手な坂・峠研究?洒落でブルベ600km走ってみました。生息地は多摩川、神奈川・東京・埼玉・千葉をうろうろしているアラフォー初心者です。

クロスバイク

ゆるポタ深大寺&新宿、そして夏ジャージ 

先日のブルベ400kmDNFで風邪を引き、なかなか咳が治らないのもあって、GWの前半は家で大人しくしていました。
もちろん、GWであちこち出かけている皆様の呟きやblogを指をくわえて眺めながら・・・orz

GW前半最後の4/30、少し位なら大丈夫かな?と、久しぶりに深大寺へポタリング、その後、新宿、四谷、外苑あたりへ出かけ、夏ジャージを買ってまいりました。

【今回のBEST SHOT】

P1000518
オサレなサイクルジャージショップ?「Pandani」さんでカタログをいただきました。後ろにそっと重ねてある、LONG RIDERS VOL1.5についてはまた別の話・・・(笑)

続きを読む

Bianchi PASSO 2008 〜フラットバーに戻る〜

Bianchi PASSO から本格的に始まった自転車ライフ。
2年間ノーマル仕様の後、突然パーツ交換に目覚めてしまい、
→クランク交換(破損のため)
→ブレーキ交換(グレードアップ&黒にしたかった)
→STI交換(シルバーから黒へ)
→ホイール交換(???からFR7)
→タイヤ&チューブ交換(32C→23C)
→ビンディングへ交換
→ヘッドパーツ交換(シルバーから黒へ)
→フォーク交換(サスからカーボンリジットへ)
→エビホーンバーへ交換
→ブルホーンバーへ交換
と相当いろいろ弄くってまいりましたが、ロードバイクである【KUOTA KHARMA】もあることなので、通勤(と言っても駅まで)のため、若干ノーマル車に戻すことにしました。
主な交換箇所は、
→フォーク交換(カーボンからサスへ)
下玉受けを外すのが少し面倒でしたが・・・。
→フラットバーへ交換(カーボン&アルミハイブリッド)
→ブレーキワイヤー&シフトワイヤー全交換。ブレーキはタイコのカタチがロード用とMTB用で異なるため、交換は必須。
→タイヤ&チューブ(23C→28C)
IMG_0234_pt
エビホーンバー化したときに使っていたバナナ(ワイヤーを曲線にガイドする管みたいなヤツ)を使っています。

ロードバイクは「サドルバックしない党」党首ですが、クロスバイクでは平気でしてます(笑)
IMG_0233_pt
サドルバックには、携帯工具+タイヤレバー2本+チューブ修理パッチと安いワイヤー鍵が。トップチューブ下には携帯ポンプ。
通勤仕様なので伸縮する泥除けも着けています。

サイドミラーもバッチリ。
IMG_0235_pt

で、全体像は、
IMG_0230_pt
反射素材が貼ってあるタイヤがダサイ感じですが、安全第一ということでガマン。チェーンリングはガード付きなので、ズボンのすそをまくる必要もなく、まさに通勤仕様!
しかし久しぶりにフラットバーハンドルの自転車に乗ったら、スゲー違和感がありました。ちょっと面白かった(笑)

まぁ、たまにはこれでマッタリロングライドに行ってみるのも案外楽しいかも知れませんねぇ〜。

★久しぶりのクロスバイクネタでした★にほんブログ村 自転車ブログへ

ロードバイク×動画撮影〜男の子は何故ガジェットに魅かれるのか?〜

9/23の走行距離:35km
珍しくクロスバイクを引っ張り出して、Y's府中・多摩川店にいきますた。
IMG_1267_pt
Bianchi PASSO 2006 ですが、購入状態から残っているのは、フレーム・サドル・FD・RDのみ。
MTBコンポDEOREに、カーボンフォーク、ホイールはFC7、タイヤは28C、スプロケは11-23T、そしてブルホーン、という、どこを目指しているのか訳のわからない弄り鰤。

IMG_1269_pt
バーテープを巻きなおしてみました。巻き方はイマサンですが、バーテープ1本で両方巻けちゃいます。

えー、本題は次です。
ロードバイクのハンドル周りは、いろんなGOODSを取り付けるスペースがあまりありません。
特に私のKHARMAの場合、ハンドルが途中から平べったくなっているため、スペースがせまい。ミスターコントロール コンピューター/ライトマウント ADP-3RC に、ライト、そしてベルを付けたらイッパイイッパイです。
IMG_1220_pt

これじゃ、先日ポチッとしたガジェットが装着できない!
やや?良く見たら、ステムと
ミスターコントロール コンピューター/ライトマウント ADP-3RCの間に、若干のデッドスペースがあるではないか!

という訳で、タナトゥさんの真似をして、カーボンの筒をカットしてみますた。
IMG_1251_pt
本当は、パイプカッターでカーボン切ってはいけない?(切断し辛いのと切断面がイマイチ)のですが、ソーガイドも無いのでとりあえず切っちゃいました。

IMG_1266_pt
という訳でデッドスペースが消滅したので、なんとかマウント装着に成功です。

で、肝心のガジェットですが・・・・
IMG_1277_pt

実は、最近周りで密かな?ブームである動画を撮影するためのガジェット!
自転車ミニDVカメラ 液晶モニタ付 写真 動画 音声録音対応 400-CAM003
です。
早速、クロスバイクに搭載してテストしてみました。



まぁ、INOUには劣りますが、blogに掲載するレベルでは、そこそこいけるのかな?

しかし、こういうガジェットに魅かれるのは、男の子の心ですね(身体はおっさんですが!)。
小型の電子機器って、なんとなく、スパイとかの秘密兵器っぽくて、無性に購入意欲をそそられてしまいます。

なお、9/25開催の新歓ライド@大井埠頭でその真価を発揮する予定でしたが、操作ミスによりほとんど撮影されていませんでした。ガーン!
修行が必要です・・・。

★急に秋になりましたねー。これから冬までガンガン乗らないと!にほんブログ村 自転車ブログへ 

ブルホーンバーのバーテープを交換するのだ!

Bianchi PASSOをエビホーンからブルホーンに変更して早幾年、さすがにバーテープがボロボロになってきたので交換することにしました。
いままで、黒で比較的薄手のバーテープを巻いていたのですが、KKWAで巻いているコルクっぽい分厚いのも手が楽で良いな〜と思い、近くのショップでこれを買いました。

EASTON BAR TAPE

●で、まずは剥がすのです。
IMG_2430
以外と綺麗にはがれます。バーの上にフィジーク バーゲルのみ(4pcs) を貼ってあるお陰?でバーテープの接着部分がべとべとしたりしてません。

●再度ショット!
IMG_2432

●さて、巻き方ですが、角先より内から外に巻いていきます。このため、バーテープの下半分に印刷されているロゴマークは完全に隠れてしまい、淡白なバーテープになってしまいます。ロゴマークに上下の区別がなければよいのですが、イーストンはEだからね。。。。。逆さまはダサい気がして隠れてしまいました。

それから、ドロップの場合は1/3程度重ねて巻くようですが、クッション性を高めるために1/2程度重ねて巻きました。
(それでもドロップに較べて短いのでバーテープが余ります。)

●巻いている途中を撮影する気持ちの余裕がないため、いきなり完成写真です。
IMG_2433
まず、色をにしてちょっと後悔。色自体は悪くないのですが、全体でのカラーバランスがちょっと。。。。。あと、コルク調なのでモッコリフワフワしています。スタイリッシュではないですが、長距離は楽かも。

IMG_2434
こんな感じですだぁ。。。。。。。ちなみにサドルはKKWAについてきたフィジーク PAVE CX HP k:iumレール(7027SA63038) に交換してあるのだ。



★あなたにとって本blogが少しでも役に立つか興味深かったらポチッていただくと、他の人にも役立ちます★
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ

ディレイラーハンガー交換PLUS

先日交換したばかりのBPWB(Bianchi PASSO with BULLHORN)のディレイラーハンガーがまた曲げられてしまった!ウッキー!!
駅の駐輪場に置いているので仕方ないとはいえ、ムカつく!

なくなく近くのサイクルショップに注文して、暫く前に届いたのですが、KKWA(KUOTA KHARMA with ATHENA)のお世話に忙しくて放っておいた。ごめんよ>BPWB
という訳で、ディレイラーハンガーを交換することにしました。ついでに、以前購入しておいたディレイラーガードを組み込むことにしました。
なんか、ぱっとしない製品(失礼!)ですが、BPWBはこれからも駐輪場に置く以上、また、知らないところで倒されるのは必定なので、大人の対策を講じることにしました。

BPWBのディレイラーハンガー(3個目)
IMG_2417

■ディレイラーガード
IMG_2419
微妙に現行品と違う気がする(購入後2年程度経過しているため)。
グランジ R2-X ディレイラーガード ブラック

●まずは、ブレーキをはずすよ。
IMG_2420

●後輪を外して車体を寝かせるよ。
IMG_2421

●チェーンを外さなくては!
IMG_2424

●アーレンキーでリアディレイラー(RD)を外すよ!RDはだいぶ汚れているので後で洗うよ!
IMG_2422

●ディレイラーハンガーをはずすよ!
IMG_2423
ここもちょっと汚れているのでふきふきするよ。

●後は、逆の手順で交換用のディレイラーハンガーを組み付けて、RDをくっつけて、チェーンを付けて、その後、RDガードを装着するのだ。
IMG_2425
この黒いパーツは、銀色の筒と反対側のクイックレリースで固定されている。また、先っぽのボルトはちょっとだけRDの穴にはめ込んである(はめすぎるとRDが曲がってしまう)。これで黒いパーツがRDを保護してくれるわけだ。
輪行とか、頻繁に後輪を外さなければ特に問題はない感じだ。
※スプロケが汚いのは目をつぶってください。

●近づいてみると
IMG_2428
※しかしスプロケが汚い。。。。。



●再度ショットだ。
IMG_2429

とりあえず完了なのです。
ちなみにこのRDガードはMTB/ロード兼用なので、KKWAにも装着すべきかも。。。。。。。。



★あなたにとって本blogが少しでも役に立つか興味深かったらポチッていただくと、他の人にも役立ちます★
にほんブログ村 自転車ブログへ 人気ブログランキングへ

ハンドル周りの整理

本日の走行距離:約52km
とっても寒い。ダサくても暖かく着込んで出かけました。

それはともかく。
先日、駅近くの有料駐輪場で Cateye HL-EL510 をマウントごと盗まれました(多分)。
いつも監視カメラの正面に留めているので、騒いで監視ビデオを見れば判るかもしれません。
もっとも重いし光量も心もとないので買い換えようかなと思っていた矢先、面倒なので新しいライトを買うことにしました。

ライトより中に入っていたエネループ単三4本を返して欲しい。。。。うきー!

併せて、暫定的に設置したミノウラの拡張バーもダサいのので、ハンドル周りを見直すことにしました。

まずはライトです。
■SG-355B
2536-r1
その光量は、猫目のライトなんか目じゃありません(洒落じゃなくて)
単4電池3本で公証10時間(笑) 点滅モードもあり、ナイトライドにもばっちりです!
(夜の多摩川CRには光量が足りないそうですが、そこまではしませんので)
問題は、付属のマウントが31.8mmではつかいないのです。このため、別途、

DOSUN LEDフラッシュライトホルダー MRX(DOSUN)
を購入します。

ついで、ダサい(失礼)拡張バーにかえ、
ミスターコントロール コンピューター/ライトマウント ADP-3RC
を購入します。バーの部分がカーボン(模様?)でアームもすっきり、とてもお洒落な感じです。

これらをすべて装着すると、次のとおり。
image010
上から撮ってみました。SG-355Bが若干厳つい感じですが、ハンドル周りがすっきりしました。

image011
正面から見るとこんな感じ。

image016
しつこくてすみません。ついでにサイドショットです♪

各パーツとも質感に高級感があってとてもナイスですね〜

あれれ?ベルがありませんね?
はい。どうせ鳴らすことはほとんどないのですが、装着義務がありますので、
image015
こんなところに移動してみました。一応ちゃんと鳴らすことはできます。
これでハンドル周りがすっきりしました。うひ。

<横道>
もう7〜8年位愛用している時計です。
それまでは、ご多分に漏れず?オメガとかブライトリングとか、タグホイヤーとか、欲しがっていたのですが、
電波ソーラーに敵う時計はありません。時を正確に表して何ぼですね。もっとも、時刻なんか気にしないときのためにファッション用にブランド時計を付けるのは、当然、アリだとは思います。

image001
ネットで、型番を確認しようとしているのですが、相当古いのか、画像検索では全然ヒットしない。。。。
玉数が少ないのかもしれません。バックルはチタン製でとても軽い。若干傷がついていますが、会社からプライベートから何処でも連れて行きます。とても頼もしい一品でした。






Fブレーキの改善

本日の走行距離:約34km

ブルホーン化後、Fブレーキがイマイチと言ってましたが、原因らしき点の一つが判明。 Fブレーキのケーブルがハンドルの中心よりになった(バーテープで巻いてるため)ことから、インナーリードユニット(90度)とブレーキの角度が悪く、遊びができていました。 このインナーリードユニットを135度に変更したら、ブレーキのタッチが相当改善!素晴らしい!

シマノ BR-M739 インナーリードユニット(135°:ロング) Y8AA98080

image002

ついでに正面の写真をパチリ★ image004
相変わらず、ブレーキのセッティングはシビアですが、効きが向上しました。

さて、SPDで34km走った感想は次のとおり。
■これまで右足しか使ってませんでした。
 
うすうす気づいてはいましたが、ビンディングするとばればれです!
■身体の軸がぶれぶれ。
  前記のため、身体の中心が自転車の中心とあっていないことを体感!
■少し楽だが、スピードアップの体感はイマイチ
  正しく、バランスよく漕げないためか、思うようには改善できません!せいぜい23km/hくらい速度アップしたかなぁ〜。 いかん、だんだん体育会系の世界になりそうです。ぶるぶる。。。。。

もともと Bianchi Passo を買った時の使用イメージって、表参道とか代官山とか銀座とか、じもぴーのふりしてポタポタ買い物したり、キャフェしたりする感じだったのですが。
メカいじりで体育会系路線になっている。。。。。。

とりあえず了

小物・アクセサリー等

先日、バルブキャップ赤を買いました。 image001
こんなので500円位します。特に効能はないのですが、かわいかったので。

少し前にテールランプを買いました。 太陽電池で蓄電し、振動と暗さで自動的に点灯します。 夕方から夜に掛けて走る際、コンビニ等に立ち寄る場合に、いちいちONOFFする必要がないので楽です。気にするスイッチが一つでも減ると気が楽になります。 光量は今一歩感がありますが、反射板と併用すればモウマンタイ!
 
image002
キャットアイ(CAT EYE) ソーラーフラッシングライト SL-LD200-R レッド SL-LD200-R

買っちまったよ! SPDペダル & SPDシューズ

本日の走行距離:約15km

さて、ここのところ、ロードバイクを買おうか買うまいか、頭の中がぐるぐるしているのですが、

原点回帰です。

★街乗り中心だよね?私。
★レーパンとか派手なサイクルジャージとか着れんの?私。
★一般道路で時速50kmとか出す根性あるの?私。
★ホビーレースとか出る気有るの?私。
★駅までの通勤にはカーボンバイクは使えないよね?私。
★これ以上自転車を止めるスペースないよね?私。

☆とりあえず今のクロスバイクでもう少し速度出してみるか?私。

という訳で、コンポの総取替えとか妄想し始めたのですが、その場合、気づいたらカーボンフォークのアルミバイクが買える投資になるぞ!しっかりしろ!私。

という訳で、とりあえず、速度向上とロングライドでの筋肉負担軽減に威力を発揮すると言われている?
比較的投資額を抑えられるビンディングペダルにとうとう挑戦することになりました。

ビンディングペダルについては、ネットや雑誌では、
やってみたらとても簡単、楽チンで、何故今までビンディングにしなかったのだろう!とか、
立ちゴケしました、慣れが必要!とか、
ビンディング用シューズって、どれも気合が入りすぎて、クロスバイクには合わない、というか、正直、恥ずかしい(すぃ)ぞ!とか、思い、常に念頭にはあったものの購入する気にはなれませんでした。

ま、でもロードバイク買うことを考えたら、気が楽になり、その気持ちのまま、ショップにGO!

で、購入の際の前提条件ですが、
○通勤にも使うので、片面ノーマルのSPDだよな〜。
○SPD-SLはまた、ロードバイクを買う気が出てきたら考えよう!
○SPDシューズは、イカニモ系ではなく、カジュアルシューズっぽいやつにしないと恥ずかしいなぁ。
で、これです。

image006

■SPDシューズ
NORTHWAVE の普通のスニーカーっぽいシューズです。
別にカタログで吟味したわけではなく、お店に有った一番さりげなさそうなヤツでした。
※シューズだけは試着しないと買えないのでショップでの購入となりました。
image009


■SPDペダル
シマノ SPDペダル PD-A530(ブラック)
image011
SHIMANO(シマノ)PD-A530L ペダル 片面SPD ブラック

■クリート
SM-SH56
マルチリリース、ナットプレート付きとクリートセット ボルト付き
※PD-A530Lにもクリートは付属していますが、シングルリリース(一方向でしか外せない)のため、ど素人としてはマルチリリース(後ろとナナメ後ろ方向で外れる)を買いました。

1.ペダル交換・装着
image012
ま、ペダルレンチでフラットペダルを外して、グリスを拭き拭き、塗り塗りして、装着するだけです。
実は前々日に、固着しかけていたフラットペダルを何とか外してクリーンアップ済みのため、簡単に脱着することができました。

2.SPDシューズの加工
な、なんと、SPDシューズはそのままではクリートを装着できなのでした。
(1)カッターで靴底を切り取る。
image020
カッターで切り取って、ラジオペンチで剥がす、の図。

(2)靴の中側から金具をセットしてクリートを固定。
image002
※とりあえずの場所はいい加減です。物の本によれば、片足ずつSPDペダルにセットして、最適な設置場所を探るとのこと。

image018
※中側はインソールを外すと、クリート用金具を設置する箇所が切り抜いてあり、両面テープで固定する切り抜かれたソール(の一部、白い部分です)で覆ってあります。これを剥がして付属の金具をセットし、裏からSPDクリートをセットするのでした。

雨の日は使えないね!!

3.感想
さて、暗い時間ではありますが、クリートの位置確認、脱着練習のため、道路に出てみました。
最初だけ、嵌めるのにちょっと苦労しましたが、適当につま先側を先に嵌め、かかと側をおろすとなんなくハマりました!うーん。結構簡単なのか?私って天災?

マルチリリースをセットしたせいか、正直着脱は簡単です。簡単に外せますので立ちゴケはしなくて済みそうです。
それから、当初の目的である速度向上ですが、うーむ。まだ良くわかりませんでした。確かに引き足が使えますが、速度向上にどの程度効果あるか?スピードの出せるところに行って確かめねばなりません。

image016
という訳で本日の bianchi passo でした。





nav-u3c インプレッション

自宅→西国分寺→新宿→自宅
本日の走行距離:42km
本日の1曲:Ivo - Cocteau Twins

nav-u3cのバッテリーは4時間程度なので
eneloop mobile booster を買いました。これでプラス4時間。
http://jp.sanyo.com/eneloop/lineup/booster.html
image012
問題なく使えます(今のところ)。

eneloop mobile booster を装着するためのバッグとして
topeak(トピーク) トライバッグ/オールウェザーを購入!
ただし、Bianchi Passoは見てのとおり、リアブレーキのケーブルがトップチューブの上部を這っているため、
干渉を軽減するため、ストローを適当な長さに切って、透明なビニールテープで固定。
image001

このうえにバッグを装着!
image004
バッチリですね〜。

そしてこの中にeneloop mobile boosterを入れて、nav-u3cと接続すると、

image006
こんな感じです。

image009
だから、こんな感じだってばぁ〜!!

さて、準備万端です。

nav-u3cですが、音声ガイドはかなり恥ずかしいです。
歩道とかタラタラ走っていると、人に聞かれてとても恥ずかしい。
リコース(コースから外れると、コースを自動的に再検索する)は早いです。
知っている道では、単なるおもちゃです。今日は知っている道だったので、
ナビとしての機能云々より、動くのを見るのと楽しんでしまいました。
とりあえず知らないところに行く計画を立てなければなりませぬ。

でも、ま、ずっと付けっぱなしにしましたが、そんなにマメに見る必要性はありません。
要所要所で電源入れて現在地と方向性を確認できれば、自転車の場合困らない。。。。
自転車は一通でも進めてしまいますしね。

でもまぁ、面白かったです。





livedoor プロフィール
記事検索
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ
最新コメント
LEGON「KUOTA RIDERS」
  • ライブドアブログ