少し前に、HR(ハートレート)センサーを新調しました。
これまでgarmin egde800のHRセンサーを使用していたのですが、特に壊れた訳ではありません。

P1020773mini

edge800のHRセンサーに大きな不満はなかったのですが、唯一イマイチだなーと思っていたのが、電池交換です。
かなり小さなビス4か所で止めてあるので、走行中に電池切れとなった場合、交換するのが面倒です。
もちろん極小ドライバーを携行するのも面倒ですし・・・。

そんな時、見かけたのが写真の
cycleops powercal

作りはgarminのHRセンサーとほぼ同じで、多分乳バンドも兼用できる作りとなっています。
違うのは裏側の電池の蓋。
P1020774mini
※写真の白いのは多分汗に含まれる塩分が感想したものです(見苦しくて失礼)。

コインで開けることができるので、ライド中の電池交換も容易!
これで安心して心拍数の記録をすることができます・・・・

な、訳ないですね(笑)

グダグダと前置きが長くなり失礼いたしましたm(__)m

はい。これは、今年発売された、簡易な&CPの高いパワーメーターです!

心拍数から独自のアルゴリズムによりFTP(Functional Threshold Power)を算出して記録するという代物です。
edge800で簡単に使え、FTP値等を表示・記録することができるものです。
いろいろなレビューを拝見すると、「使える」と「使えない」の賛否両論のようですが。

具体的にどのように記録されるかというと

WS000000

上記のedge800のアクディビティの「パワー欄」の各値がそれです。
また、心拍数の傾向と比較するとこんな↓感じ。ほぼ心拍数と同じような動きをしておりますね。

WS000001

各値の意味ですが…正直さっぱり分かりません(爆)
いや、表面的な意味はもちろん分かるのですが、これをどのように活用するものなのかが(笑)
そもそも何故買ったのかも、今となっては…。
これだけだと、検索でこのページにたどり着いた方に申し訳ないので、各値の意味を開設したページを勝手にリンクしておきます。
Training Guide for Triathlete in Nagoya, Japan
7章 NP、IF、TSS、四分円分析法

※他にもいろいろなサイトで解説・説明がありますが、キリがないのでご容赦を。

パワーメーターって完全に練習用機材なようなので、恒常的なトレーニングを行っていくなかで、その効果(成長?)を数値で確認したり、トレーニングの強度を確認して、過剰なもしくは不足を把握しコントロールするためのもののようです。

うん?レース志向がほとんどないサンデーホビーライダーには、全く必要ないグッズですね。あほだ>自分
本末転倒もいいところですが、買った後にいろいろとググってみましたら、こんなサイトを発見!

本気で速くなりたい人へ「じてトレ」
じてトレは、自転車トレーニングサポート専用サイトです


あちゃー!ガチな世界です!ポタポタライダーは近寄ってはいけない世界…
一応参考になりそうなページへのリンクを張っておきます。ご興味のある方はどうぞ!

「じてトレ」内ページ
スピード・メーター、心拍計、パワー・メーターはいる?
パワーキャル最新情報
※FTPには直接関係ないけど…
バイクフォームの基礎 〜正しい姿勢編〜
あ?KHARMAだ!

○まとめ

という訳で、サンデーポタポタライダー的には、冒頭のぐだぐだ以外実際的なメリットがない(今のところ)訳ですが、
Garmin プレミアムハートレートモニター
より少し高いくらいの値段で購入できますので、ライド先での電池交換にお悩みの方は、ぜひご検討してみてはいかがでしょうか?(大爆発)

★久しぶりの連続エントリーがしょうもない記事ですみませぬ★にほんブログ村 自転車ブログへ