※このエントリーは、初めてロードバイクを購入しようとしている方で、奇特にもコンポをカンパにするかチラチラ考えている方を対象としています。
IMG_0481_pt

ロードバイクの2大コンポーネントメーカーである"シマノ"と"Campagnolo"ですが、日本でのシェアがどの程度なのかは知りません。
ちなみに、googleで日本語ページを検索すると、

"ロードバイク シマノ"で、約 2,280,000 件(76.6%)
"ロードバイク カンパニョーロ"で、約 698,000 件(23.4%)

という割合になっておりますが、面識のある方でカンパを搭載している方は2名しか知りません(^_^;)
体感的には9:1くらいじゃないか?と思われます。

ちなみに"ロードバイク カンパニョーロ"でgoogleと、先頭は、なんと、

KR(KUOTA RIDERS)の、tsune171さんのblogが第1位!
※私のPC環境での結果です。googleに私の検索傾向が加味されている点を失念していました(^_^;)↓が、
※普段使用しないIEでキャッシュやクッキー、訪問履歴等を削除した状態でも一応同じ結果になりました。ただgoogleの仕組みが良く分からんので但し書きは残しておきます。


ロードバイク 気まぐれ日記 : カンパとシマノ コンポーネントの違い
※なおtsune171さんは電動シマノ利用者です(笑)

えー、結論から言うと、コンポーネントはどちらがお勧めか?と言われれば、一般的な(カンパ信奉店除)ショップに聞いた時に返ってくると予想される答えと同様、

コンポは「シマノ」にしておけ!

と思っています。

なお、自身はシマノのロード用コンポーネントは触ったこともありませんので、性能的な点については特に触れません。
従って、シマノが良い、というよりは、カンパだと困る理由を挙げておきます。

<カンパが困る6つの理由>
1.整備・調整可能なショップが少ない(気がする)
自宅付近の数箇所のショップを聞いて回った限りでは、カンパの調整経験がある店員はほとんどいません。
もちろん弄ることはできるでしょうけど、細かいノウハウや勘所は期待できないと思われます。
なので、FD、RDの調整等をショップにお任せすることを考えるのであれば、カンパは止めておけ!な訳です。

2.補修パーツが身近に売っていない
当然シェアが低いので、付近のショップにパーツ等は売っておりません。全て取り寄せか、急ぐなら上野アサゾーとかに行くしかありません。
細かいパーツはともかくとして、チェーンとかケーブル類とかもあまり売っていないので、あらかじめ在庫を確保しておかないと、急な故障で1週間バイクに乗れないなんてことにもなります。

3.高い
何と何を比較して高いというか?いささか微妙な問題ではありますが、カンパはどのグレードも比較的高額です。
微妙だというのは、同じ性能の別の商品を並べて値段を比較することができにくいと思われるからです。スーレコとジュラはともに最上位グレードですが、性能差があるようなので単純に値段を比較するのは無意味な気はします。
ま、そんな厳密な話はおいておくとして、グレード順位で並べていくとカンパ高いよ!

4.ホイールの交換ごっこができません!
最近、仲間のKRではホイール購入が流行っているようです(笑)が、私はひとりぼっちのカンパなので、自分のホイールを貸すことも、人のホイールを借りることもできません。ちょびっと乗ってみたいなんて(こっそり)思っていますが、どうにもならんとです。

5.ネットでの情報少ない!
身近なショップがダメなら、インターネットで情報収集するしかないのですが、こと整備に関する情報は少ないです!
例として、情けない話ですが、シマノではキャリパーブレーキを開放する場合、ブレーキにある開放レバーを開けば良い訳ですが、カンパにはそんなものはありません。えー、どうするんだよ!ホイールを外すたびにブレーキケーブルを緩めるのか?当初は焦りまくりました(笑)

実際はエルゴパワー(STIのこと)に開放用のピンがあるのでそれを外側に押せば開放されるのですが、そんな些細な情報もなかなかGetすることができんのです!

6.ブレーキシューの交換がとても面倒(2011以降は解消)
私はアルミとカーボンの両方のホイールを所有しているので、交換するたびにブレーキシューもそれぞれアルミ用・カーボン用に交換する必要があるのですが、とにかくブレーキシューの着脱が大変です。シマノはシューをフネに固定するピンが付いているのでそんなに硬くないらしいのですが、カンパはフネにシューを押し込んでいるだけですので、ぱねー訳です。
従って、こんな専用工具まで買うハメに・・・・。

ジャグワイヤー WST024 Pro Road Pad Press
a0112444_9434253
※これが結構高い訳ですが、シューを何本も折るよりはましか?と、泣く泣く購入。

番外.コンポはメーカーを変更すると全交換(=スゲー金がかかる!)が必要
STIのみカンパにする、いわゆる”シマニョーロ”という手もない訳ではありませんが、基本、シマノとカンパには一切互換性がありません。
従って、コンポを別メーカーに変更すると全コンポをフルセットで購入する必要があるうえ、ホイールも使えない(フリーハブを交換する手はありますが)ので、とても痛いことになります。特にホイールが痛い!

こんだけダメだししておいて何ですが、自分はカンパを選んで良かったと思っています。
その最大にして唯一の理由は・・・

”カンパの方が断然美しい!”
※美醜の判断は当然主観的なものですので、スルーしてくださいね。

週末ホビーライダーとしては、性能面は気にしてません。坂編隊でガンガン変速する訳でもないし・・・。
そもそも、KUOTA KHARMA は、日本で販売する完成車はULTGRAか105が標準コンポとなっておりますが、ULTGRA(DURAも同じですが)のチェーンリングがどうしても”カブトガニ”に見えてしまい食指をそそられませんでした。
■シマノ ULTGRA 6700
123935152425816420488_ultegra6700

■KABUTOGANI 6700?
lrg_10000105

一方、ULTGRAと同価格帯(本当はちょっと高い)のカンパのATHENAは、
20090626022058084c5043c2b365c4
チェーンリングは普通です。加えたブレーキやFD/RDも美しい〜。

■シングルピポットのリアブレーキも
IMG_0469

■ダブルピポットのフロントブレーキも
IMG_0471

■リアディレイラーも
IMG_0475

■プーリーゲージも
IMG_0474

■フロントディレイラーも(ってこのパーツはそうでもないか?)
IMG_0473

微妙な曲線で構成され、アルミが磨き上げられております(上位のレコード、スーパーレコードは黒しかないけど)。
コンポをおかずにご飯もしくはお酒を何杯でもいけちゃう美しさを感じております。

まぁ、KHARMAフレームも見た目で選んでいるのでコンポも見た目じゃないと平仄合わないし、いろいろ困ることもありますが、自分としては満足しております。

が、いろいろ困ることがあるので、これからロードバイクを購入される向きは、是非、世界のシマノをお勧めします。
とくに、KHARMAを購入予定の方!自分とかぶるからカンパは止めてねー(笑)

★おらーカンパじゃないから関係ないなーと言わず、ポチッとしていただきたい★にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ